東京都渋谷区 カウンセリングのMICA COCORO

top-6
top-7

産業カウンセラーは「組織」と「人」の問題に目を向け、働く人たちが自らの力で問題を解決できるようにサポートします。

 

終身雇用制や年功序列が崩れ、IT技術の発展やAIの参入で働き方が大きく変わりつつある今、職場の人間関係やビジネスコミュニケーションに悩むビジネスパーソンであふれています。
仕事は、人と人が関わってするもの。人間関係の問題は、時代が変わった今だからこそ、より大切に考えなければならない問題です。
MICA COCOROでは、社会人に必要な「ビジョンの共有」「ゴール設定」「課題発見」「問題解決」「信頼関係構築」の基本的スキルからスキルの底上げまで個人と組織をサポートしながら進められる人材育成を目指しています。そのためには、多様な環境やメンバーの中で実力を発揮するコミュニケーション能力を身につけるための「骨太な」プログラムを作成・提供し、チームのひとりひとりが課題を見つめ、円滑なコミュニケーションができるように直接サポートいたします。

top-11
sp-top-02
top-12
sp-top-04
top-13
sp-top-05
about-2-6
sp_about-2-6
about-1-4
DSC_0098 (2)

産業カウンセラー/経営学修士(MBA)
産業能率大学 兼任教員/自由が丘産能短期大学 兼任教員

 

産業能率大学大学院総合マネジメント研究科経営管理コース修了
一般社団法人 日本産業カウンセラー協会正会員(2006年~2019年現在)

鉄道企業広報、人材開発コンサルタント、フリーアナウンサー等、10年の会社員生活を経て、2007年6月13日MICA COCORO(現:東京 渋谷区)を開業。(開業時名称:MIICA-COCORO.jp 横浜で開業)
開業以来、年間最大600件、延べ7,000件以上の個人セッションと研修の実績ほか、経営者向けのセミナーや企業研修、ビジネスパーソンの人材育成講座、社会人大学でのキャリア講座も担当。2015年より様々な企業の社員による、社外でも通用する多様性メンバーによるリーダーシップの人材育成を「ゼミ形式」で実施中。 各メディア掲載多数、2018年1月~2019年4月ダイヤモンド・オンラインにて「管理職養成講座」全34回連載。講座は、人事担当者や管理職の方から大きな反響をいただいている。
2019年4月より、産業能率大学と自由が丘産能短期大学にて、兼任教員に就任。著書は、『仕事は人間関係が9割』(クロスメディア・パブリッシング(インプレス)2016年8月1日発売)で、自身の担当科目「転職・再就職とキャリアデザイン」の教科書として採用されている。主な研究領域は、多様性の中で発揮する個人のチームワーク能力やビジネスにおけるコミュニケーションで、修士論文は、「管理職と一般社員の個人のチームワーク能力の違いについて」である。

キャリアについてのお悩みをお持ちの方、
企業研修を検討している方、お問い合わせください