【今日のつぶやき】タイバーシティの正しい理解

2014-05-10
カテゴリー:
今日のつぶやき 

東京の天気、いいえ、日本国内全体的におかしな天気や不安定な天気が続いておりますね。。

こういった時期は人の気持ちも不安定になりがちです。

心身共に不安定な時期や疲労困憊の時は新しいことに挑戦する気持ちをそがれてしまうことも多々あります。

私は3月の確定申告以来、去年の自分のライフスタイルの変化や体調不良による仕事量の変化に

改めて数字で実感と痛感をさせられております。

私は自営業者ですが、ライフスタイルの変化や年々老化している自分の体との向き合方や、

健康維持、さらには、家族の健康も含めて向き合う問題は、

私だけではなく、ビジネスパーソン全員に当てはまることだと思います。

また、2020年までに女性管理職を30%にするということの影響かどうかはわかりませんが、

わたくしのところに通っているクライアントの方々が求められる

スキルの質や内容にも少しずつですが変化を感じています。

 

今までは、男性に比べると、妊娠、出産、育児、家事すべて含めても、

女性の問題として扱われてきた部分がだんだんと”みんなの問題”と当事者意識が全員に

芽生え始めている傾向がみえつつあります。

家庭以内における問題では、家事分担も男性が率先して行う現実が必須です。

専業主婦だから家事は当たり前という概念も捨てなくてはいけません。

これからは、育児、介護といった問題もさることながら、女性が社会復帰するための準備や

覚悟に至るまでのプロセス、さらに重要な”社会復帰後の業務の継続性”に向けたサポートが必要です。

ジェンダーや世代、国を超えて考えるべき問題は遠い未来の話ではありません。

すべてを踏まえたマネジメント力も必要とされてきます。

書店に行くと、ダイバーシティという言葉を目にすることは当たり前になっています。

この言葉を聞いたことがないというビジネスパーソンはかなり少なくなっているのではないでしょうか?

ダイバーシティ問題はビジネスパーソン全員が当事者意識を持って向き合い、

感じ、実行へ移す努力が重要です。

 

ここまでお読みになった皆さん。

 

本を買ったり、読むことを怖がったり、あきらめたり、ためらわず

興味のある1ページに出会えるか?という気持ちでいろんなことに興味を

持ってみましょう。

 

こんな季節だからこそ、あまり気負いせず、気軽に考えるのが一番です。

そこからいろんな思考が熟成されるのですから。

 

MICA

 

 

 

ご予約はこちら

東京都目黒区自由が丘に拠点とする
産業カウンセラー 宮本 実果 オフィシャルサイト
営業時間:10:00~22:00(年中無休)

Copyrightc 2013 MICA COCORO All Rights Reserved.

PAGE TOP